従弟世帯のボーナス額が我が家の年収

 

最近、ニュースで大手企業での今年支給される予定のボーナス額が発表されていました。

 

改めて見ると、大手企業はやはりボーナスもとても多いですね。
私の兄弟も従弟も、全員大手企業か公務員で働いています。

 

しかも、全員夫婦そろって正社員で働いています。

 

我が家はと言えば、夫が結婚する時に、家事をおろそかにされると嫌なので、パートで働いてほしいと頼まれました。
私としては、将来のことを考えて正社員で働き続けたかったけれど、夫の両親も同じ考えで説得され、しぶしぶ仕事を辞めました。

 

でも、やはりきちんと正社員のまま働いておけば良かったなと思うことがあります。
それは、夫の給料が結婚前に聞いていたよりも、ものすごく低かったからです。

 

残業代込みの給料を、基本給だと偽られてしまったんです。

 

ボーナス額も、夫から聞いていたよりもものすごく低くて、こんなに給料が少ないのに、よく家庭に入れと言えたもんだなとあきれています。
でも、だまされた私にも非があると思うので、堪えています。

 

つい最近、テレビで大手企業の今年支給予定のボーナス額を見て、愕然としました。
私と同じ年の従弟達がそれぞれ夫婦でもらえるボーナス額の平均が、夫の年収とほぼ一緒なんです。

 

従弟たちは、私よりも成績も下で出身校も下でした。

 

それなのに、今では親戚中で私が一番収入が少ないのです。

 

皆は、将来の事を考えて、きちんと生きてきたんですよね。
私は、その場その場で適当に生きてきたので、そのつけが今巡り巡ってきたのです。

 

正直言ってすごくショックでしたが、上を見てもきりがないので、貧乏だけれど楽しい我が家になれるように頑張ります。
でも、やっぱり羨ましいです。

 

子供がもう少し大きくなったら、絶対に正社員で働いて、我が家の収入ももっとアップさせたいです。
もう、夫や義両親の言う通りにはしませんよ。

食べ放題にかける情熱

 

私は食べ放題という言葉を見ると、思わず興奮をしてしまいます。

 

なんとしてでも腹いっぱい食べたい。いっぱい食べて店側に損失を与えてやりたい。できれば店主が「これでご勘弁を」とお金の入った封筒をそっと私に差し出すレベルまで食い続けたいと思うのです。それくらい食べ放題は私にとってパラダイスなのです。

 

食べ放題を楽しむコツは、直前まで腹三分程度に食事を済ませておくことです。

 

よく食べ放題に行くからと、前日から何も食べずに空腹を蓄える人がいますが、それは私に言わせれば食べ放題の素人です。

 

私くらい食べ放題歴が長いと、多少はお腹に入れていた方が長くたくさん食べ続けることができることを知っているのです。

 

マラソンと一緒です。フルマラソンを走る選手はあらかじめある程度身体を動かしてウォームアップをしていると聞きます。それと一緒です。腹八分なら腹三分程度食べておくことで胃の働きを活発にしておくのです。空腹すぎると逆にすぐ胃がギブアップをしてしまいます。

 

食べ放題の熟練者から言わせてもらうと、こっそり持ち帰る人は食べ放題好きの風上にも置けません。店の中だけで食欲を剥き出しにする。それが正しい食べ放題のルールなのです。

闇金は絶対利用してはいけません

社会人になってから安易にクレジットカードを作ったのが全ての始まりです。

 

すぐに消費者金融の多重債務に陥り、返済のためにさらに他の消費者金融を借りようとしますが、すでに審査が通らなくなっており、やむなく闇金に手を出した次第です。金利が法外なことは知っていましたが、すぐ目の前の現金が欲しかったのです。
街中にある公衆電話(当時はいっぱいありました)に貼ってあるチラシに書かれている電話番号に連絡し、店舗に出かけます。

 

店には強面のお兄さんが待ち構えており、早速申込書に記入しますが、闇金の審査は普通の消費者金融より厳しいです。身分証明書の提出はもちろんのこと、へたをすれば身分証明書を預かられます。
ようやく初回の融資が成立しますが、最初は小口の2~3万円です(意味不明の手数料を取られて手元に渡されるのは8割ほどですが)。それを貸出日を含めて10日後に倍にして返せと言うわけです(トイチどころではありません!完全に足元見られています)。

 

そもそも借金漬けで首が回らない状態で最後に駆け込んでいるのですから、当然返済のあてなどあるわけなく、すぐにやってくる10日後の返済のために他の闇金に手を出します。もうメチャクチャです。

 

返済をせずにシカトしていると携帯と自宅、あげくは会社の電話に鬼のように督促の電話が掛かってきます。(最終的には会社に居られなくなりました。当たり前ですね。)
ただし、意外に家や会社まで返済を迫りに押しかけることはほとんどありません。電話で怒鳴ったり、脅したりすれば大抵はビビって返済しに来るので。
結局、にっちもさっちもいかない状態になり、知り合いから弁護士を紹介してもらって解決しました。そもそも違法な貸借契約なので、闇金は弁護士にはあまり抵抗しないようです。すべてチャラにしてもらいました。

 

一般の消費者金融債務はその後もしばらく残り続けることになるわけですが、闇金だけは二度と利用したいと思いません。会社は辞めざるを得なくなり、社会的信用を失墜したのも勿論ですが、何より毎日、心理的圧迫を受け続けることがとてもしんどかったです。
最後に、もしこれから闇金を利用しようとする人がいたら、「絶対におやめなさい」と言いたいです。

 

闇金解決を弁護士に頼む

 

闇金から借りてしまってかなりの金額を支払ってしまったけど、それって戻ってくるのかと思ったことはないですか。実際、闇金からか借りてしまって、返してもらうように欲しいと弁護士などに訴えることがあるようです。しかし、これは強盗や犯罪を相手にするのとと同じようなもので、まず採られた分は返ってこないと考えた方がいいです。

 

どうしてかと言うと、闇金の摘発などが行われた時は、そのほとんどが残っていないという状況だったりするからです。そして、返してもらうためには、さらに民事訴訟を起こすことになるのですが、そういった業者は裏口名義をいくつも持っていますから、いたちごっこになってしまって訴えたはいいけれど、返ってはこなかったとなることが多いのです。

 

そのため闇金解決後に払い過ぎた分が戻ってこないというのが嫌な場合は、そもそも闇金から借りるな、と言われるのがその理由ともなっているのです。絶対に返ってこないというわけではないのですが、ほとんどの場合は返ってこないのでなるべくならその最初の段階で警戒して払わないようにしてしまうというのが一番早いのです。